乾燥肌を改善する40代にピッタリな化粧品とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

刺激の少ないものを選ぶ

化粧水

成分の確認をすること

肌トラブルが起きていると実感している場合に使用する化粧水の成分には充分に注意をしましょう。ただでさえ弱っている肌に強い刺激を与えてしまうと、悪化させる原因にもなり兼ねないのです。気を付けたい成分はアルコールとエタノールの二種類が配合された化粧水です。アルコールもエタノールも防腐剤の効果があり決して入っていて悪い成分ではないのですが刺激が強いため、肌トラブルを起こした状態の乾燥肌などの人が使用すると肌がヒリヒリしてしまうことがあるのです。エタノールには他にも肌を引き締める効果や皮脂を落とす作用があり、乾燥肌で水分と油分のバランスが取れていない状態で皮脂を落としていては改善までに時間が掛かります。普通肌になるまでは控えた方が良いでしょう。

二種類の成分

肌のバリアが低下した状態になると乾燥肌や敏感肌の悪化が進行してしまいますので、それを防ぐためにも高保湿の化粧水で補う必要があります。若い世代であればヒアルロン酸を配合した化粧水だけでも構いませんが、年齢を重ねた30代以降の女性であれば肌のセラミドが不足して起きてしまっているためヒアルロン酸とセラミド、両方の成分が配合された化粧水の方が効果的です。どちらの成分も役割としては保湿が目的であり、二種類の成分を補うことで乾燥肌の対策にも繋がります。ただしセラミドにはいくつか種類があり、中には疑似セラミドもあるので正しいセラミド成分を見極めるためにも、化粧水を購入する前には必ず配合量をしっかりと確認しましょう。